東京市場のドル/円は110円台を維持できずに反落。

 ただ、109.80円前後で下げ渋るなど、日経平均株価が600円近い大幅安となった割には底堅い動きでした。

 欧米市場の動きが注目されるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

2/5(月)
17:50    仏1月サービス業PMI・改定値
17:55    独1月サービス業PMI・改定値
18:00    ユーロ圏1月サービス業PMI・改定値
18:30    英1月サービス業PMI
19:00    ユーロ圏12月小売売上高
24:00☆  米1月ISM非製造業景況指数
25:00☆  ドラギECB総裁、議会証言
-----  パウエル米FRB議長、就任宣誓式

2/6(火)
09:30    豪12月貿易収支
09:30☆ 豪12月小売売上高
12:30☆ RBA政策金利発表
※☆は特に注目の材料

 米1月ISM非製造業景況指数の結果には注目ですが、足元で気になるのはやはり株価の動向でしょう。

 NYタイムは、米1月雇用統計を受けて前週2日に700ドル近く下げたNYダウ平均の動きに注目が集まりそうです。

 そのほか、明日は午前から昼にかけて豪州で重要統計やRBAの政策金利発表などが予定されています。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.400-110.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)