スポット金相場は反落。
発表された1月米雇用統計は市場予想を上回る強い内容だったことから、
3月利上げを織り込む展開となり、米長期金利は上昇したことが意識され、
安全資産としての金の需要が減少した。XAUUSDの終値は1331.50ドル。

ニューヨーク原油先物市場のWTI先物はポジション調整の動きを受けて下落。
CL_の終値は65.36ドル。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した資料で、
石油掘削のリグ稼働数が増加していたことや米国株の大幅安が売り材料になったとみられている。(情報提供:東岳証券)