財政省傘下税関総局は、輸入元別で輸入車の車種・価格を週に1回同局のウェブサイトで公表する計画を明らかにした。開始時期は未定だが、2018年中にも実施する。

  この背景には、2016年~2018年におけるASEAN自由貿易地域(AFTA)の物品貿易に関する協定(ATIGA)の特別優遇輸入税率表に従い、ベトナムがタイやインドネシアなどASEAN諸国から輸入する完成車(CBU)の輸入関税が2018年から撤廃されるため、価格が大きく変動することがある。

  輸入元別で輸入車の車種・価格を公表することによって、ディーラーによる高価格設定を防止し、市場の透明性を高めることが狙い。

  海外から輸入する自動車は、主に紅河デルタ地方ハイフォン市や南中部沿岸地方ダナン市、ホーチミン市の中央直轄市3市の税関機関で通関手続きを行う。(情報提供:VERAC)