昨日のドル/円は109円台前半へと反発。トランプ米大統領が一般教書演説を「ソツなく」こなした事や、米1月ADP全国雇用者数が予想以上に増加した事、さらには米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内のインフレ上昇に自信を示した事などがドルを押し上げた。月末リバランスに伴うドル買いに支えられた面もあろうが、軽い抵抗となっていた109.20円前後を突破。短期トレンドラインである5日移動平均線も上抜けており、ドル/円相・・・・

続きを読む