モーニングスターは1月31日、「ファンド オブ ザ イヤー2017」を発表した。国内の追加型株式投信約5200本の中から、優れた運用成績を残したファンドを表彰するもの。今年で19回目を迎えた今回は、10部門で最優秀ファンド賞10本、優秀ファンド賞21本、合計31本のファンドを表彰した。モーニングスター代表取締役社長の朝倉智也氏は、「インデックスファンドがコストが安いということで好まれる時代になっているが、コ・・・・

続きを読む