東京市場のドル/円は、ムニューシン米財務長官のドル安歓迎発言の余韻が残る中で弱含む展開となりました。

 一時108.70円台まで下落して昨年9月11日以来の安値を更新しています。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/25(木) 18:00 ☆独1月Ifo企業景況感指数 18:00   ノルウェー中銀政策金利発表・・・・

続きを読む