中国への資金流入が続いている。人民元が対米ドルで上昇し、中国企業による外債発行が増加していることも要因の一つ。大和総研経済調査部研究員の中田理惠氏が1月24日に「中国:国内資金需給ひっ迫により外債発行が急増」と題したレポート(全5ページ)を発表し、3四半期連続で流入超となった中国の金融収支について分析した。レポートの要旨は以下の通り。

  ◆2017年7-9月期の中国国際収支統計によると、・・・・

続きを読む