統計総局が発表した2017年経済総調査の結果によると、2017年1月1日時点における企業数は2012年の同時点に比べ+51%増の51万8000社で、このうち既に事業を開始している企業数は同+55.6%増の50万5000社に上った。

  企業数を企業形態別にみると、非国営企業数が同+52.2%増の50万社で全体の96.5%を占めた。また、海外直接投資(FDI)企業数は同+54.2%増の1万4600社、国営企業数は同▲18.3%減の2701社だった。

  事業別にみると、サービス業で活動する企業数が36万2000社で、全体の70%を占めた。このほか、工業・建設業は15万1000社、農林水産業は4942社だった。

  資本規模では、大手企業数が同▲2.3%減の1万社超、中規模企業は同+23.6%増、小規模企業は同+21.2%増、超小規模企業は同+65.5%増となった。(情報提供:VERAC)