東京市場のドル/円は、本邦輸入企業のドル買い観測などを支えに110.50円割れで下げ渋ると、買戻しに弾みが付き111円台目前まで反発しました。

 欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

1/16(火)
18:30☆ 英12月消費者物価指数
18:30   英12月小売物価指数
18:30   英12月生産者物価指数
20:00   リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00   シティ・グループ第4四半期決算
22:30☆ 米1月NY連銀製造業景況指数

1/17(水)
08:50  日本11月機械受注 
09:30  豪11月住宅ローン貸出

※☆は特に注目の材料

 東京市場のドル買いの流れが本物かどうか(一時的なものか)を確認する上でも米1月NY連銀製造業景況指数の結果が注目されるところです。

 市場予想は19.0となっており、前回(18.0)から上昇する見込みです。

 そのほか、休場明けの米国株や米国債の動きにも注目しましょう。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.300-111.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)