全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は昨年12月27日、「広深港高速鉄路(広州—香港間高速鉄道)西九龍駅に設置する税関・出入境管理所での『一地両検』実施に関する中国本土と香港特区の協力措置を承認する決定」を可決した。今年第3四半期の高速鉄道開通に向けて特区政府は最終段階として2月に立法会に「一地両検」草案を提出するが、非親政府派は依然として実現を阻止する構えだ。(編集部・江藤和輝)

 林鄭月娥・行政長官は昨年10月3日、「一地両検」に関する拘束力のない政府議案を25日に立法会に提出することを明らかにした。議案内容は7月25日に発表した「『一地両検』を3段階で実現する提案」・・・・

続きを読む