森六ホールディングス <4249> は、12月20日に東京証券取引所市場第一部に上場した。同社グループの創業は、寛文3年(1663年)に天然藍及び肥料の販売を開始したことに始まり、350年以上に亘って展開している化学品専門商社であるケミカル事業と、戦後二輪車外装部品の樹脂化を成功したことで築き上げた四輪車プラスチック内外装部品の製造・販売を行う樹脂加工製品事業の2つのセグメントで構成されている。
 
 ケミカル事業では、無機・有機薬品の基礎化学品から農医薬中間体、農薬・肥料、プラスチック等、化学品全般を取り扱っており、化学産業を広範囲でサポートしているほか、現在は「ものづくり」を推進し、点滴バッグや業務用食品フィルムの製造等も行っている。樹脂加工製品事業では、四輪車部品が軽量化に向けて鉄から樹脂への材料置換が進む中、大型樹脂部品の製造ノウハウや加飾技術を強みとしており、日本・北米・中国・アジアのグローバル4極体制で企画・開発から量産まで一貫した体制を構築している。
 
 今18年3月期第2四半期業績実績は、売上高873億3500万円、 営業利益33億3100万円、経常利益35億6400万円、最終損益25億7100万円に着地。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高1764億9800万円(前期比3.8%増)、営業利益77億4400万円(同22.5%増)、経常利益76億8900万円(同28.5%増)、純利益49億9400万円(同4.9倍)を見込む。上場で調達した資金はメキシコ工場の能力増強等に充てる計画。年間配当予想は、期末一括80円を予定している。
 
 株価は、上場日の12月20日に公開価格2700円を10.2%上回る2975円で初値をつけ、同27日高値3450円と上昇。1月5日安値3025円と下げて切り返している。自動車メーカーの急速なグローバル化に伴い、顧客の各海外拠点と連携し、物流サービス、製品・原料の現地調達化など、日本および現地のニーズに即応できる体制を構築していることが強みで、今期予想PER11倍台・PBR0.89倍と割安感があり、配当利回り2.5%と利回り妙味もソコソコある。押し目買い優位に上値を伸ばすか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)