東京市場のドル/円は日銀が国債買い入れオペを減額した事などから一時112.50円前後まで円高が進みました。

 日銀が金融緩和の軸足を「量」から「金利」に移して久しいのですが、それでもオペの減額を「ステルス・テーパリング(密かな緩和縮小)」と見る向きは少なくないようです。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

1/9(火)
16:45   仏11月貿易収支
16:45   仏11月経常収支
17:15   スイス11月小売売上高
19:00   ユーロ圏11月失業率
22:15   カナダ12月住宅着工件数
24:00   米カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、講演
27:00   米3年債入札(240億ドル)
※☆は特に注目の材料

 ドル/円の決め手になりそうな材料は見当たりません。

 日銀の「ステルス・テーパリング」に対する欧米勢の反応が注目されます。

 その他、年明け以降のロケットスタートに一服感が出始めた欧米株式市場の動きも気になるところです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.300-113.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)