2017年は香港が中国に返還されて20周年を迎え、7月1日前後の習近平・国家主席の来港では空前の警備体制が敷かれた。3月に行われた行政長官選挙では林鄭月娥・元政務長官が当選。10月の中国共産党大会(19大)では香港に対する中央の全面統治権が強調されるなど、ビッグイベントが相次いだ年だった。昨年の主なニュースを振り返る。(編集部)

  (1)返還20周年 習近平・国家主席が来港

 

 習近平・国家主席が6月29日~7月1日に香港を視察した。1日には香港返還20周年記念大会・香港特区第5期政府就任式典を主宰し、重要講話を発表。習主席は今後より良く香港で1国2・・・・

続きを読む