クリスマス休暇を控えドル円は小動き。経済指標も住宅関連は好調だったものの、ミシガン大学消費者マインドは下方修正されるなど、まちまち。113円台前半から半ばで推移。ユーロドルも1.18台前半から半ばで推移し、取引も閑散。

 株式市場は反落。消費関連株などが売られ、ダウは28ドル下落。S&P500は前日とほぼ変わらず。債券相場もほぼ変わらない中やや売られ、長期金利は2.48%台と小幅に上昇。・・・・

続きを読む