ドル円は欧州時間に113円63銭前後まで買われたが、NYではGDP確定値が下方修正されるなど、経済指標に反応しドル売りが優性に。113円28銭まで売られたが下値の方も限定的だった。ユーロドルは1.18台半ばから後半でもみ合い、前日の1.19台には届かず。

 株式市場は3日ぶりに反発。エネルギーや金融セクターが買われ、ダウは55ドル高。S&P500は2ポイント下落。債券市場は6営業日ぶりに反発。長期金利は2.47%台へと低下。金はほぼ変わらず。原油は3日続伸。 7-9月GDP(確定値)      →+3.2% 新規失業保険申請件数        →24.5万件 10月FHFA・・・・

続きを読む