税制改革法案が成立したことに伴い長期金利が上昇したことで、ドル円は113円台半ばまで買われる。住宅関連指標が良かったこともドルを押し上げ、113円47銭前後までドル高が進行。ユーロドルは続伸し、3週間ぶりに1.19台に乗せる。ドイツ国債が売られ、金利が上昇したことがユーロ買いにつながった。ユーロは対円でも134円78銭前後まで買われ、約2年ぶりの水準を記録。株式市場はもみ合い。前日同様、金利高を嫌気した売りが優性となり、消費関連株や不動産株が下落。ダウは28ドル安となり、他の主要指数も下げる。債券は続落。税制改革法案の成立に伴い、売り圧力が高まった。長期金利は3月以来となる2.5%台まで上昇。金は反発。・・・・

続きを読む