地場系豆乳最大手クアンガイ製糖[QNS](Quang Ngai Sugar)傘下で豆乳ブランド「ビナソイ(Vinasoy)」を展開するベトナム豆乳社(ビナソイ=Vinasoy)は東南部地方ビンズオン省で14日、同社にとって3か所目となる豆乳工場の第1期を竣工した。

  同工場の投資総額は9000億VND(約45億円)で、2016年3月に着工した。最新式の機械設備を導入し、生産能力は1億8000万L、このうち第1期の年産能力が9000万Lとなっている。

  同社は2017年12月現在、紅河デルタ地方バクニン省、南中部沿岸地方クアンガイ省、ビンズオン省の3省で豆乳工場3か所を展開している。年産能力は国内最大規模の合計3億9000万Lに上り、世界の豆乳メーカーでトップ5にランクインしている。

  同社はベトナムにおける豆乳市場シェアの84.3%を握り、国内での認知度が極めて高い。2017年の売上高は2002年比で200倍増の4兆VND(約199億円)に達した。同社は、2027年の売上高を10億USD(約1130億円)とすることを目指している。(情報提供:VERAC)