東京市場のドル/円は、米上院での税制改革法案の可決に反応して113.10円付近まで上昇しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。


12/20(水)
17:30  スウェーデン中銀、政策金利発表
18:00  10月ユーロ圏経常収支
22:15☆カーニーBOE総裁、議会証言
22:30  10月カナダ卸売売上高
24:00☆11月米中古住宅販売件数
24:30  米EIA週間原油在庫統計
--:--☆米税制改革法案、下院再採決
※☆は特に注目の材料


 米税制改革法案について、難航していた上院で可決されました。

 今後は下院で修正法案が再可決されれば、大統領の署名を経て法案が成立します。

 下院では修正前の法案を賛成多数で可決しており、修正法案も通過する目処が立っています。

 これに反応した米長期金利や株価の反応に注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.500-113.500円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)