グローバル・リンク・マネジメント <3486> (東マ)は、12月13日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、東京都心を中心とした単身世帯向け投資用不動産開発を出発点に、ITを活用して土地所有者・投資家・入居者に新しいサービスを提供している。同社グループは、不動産ソリューション事業(投資用マンションの企画・開発・販売・建物管理等)を行う株式会社グローバル・リンク・マネジメントとプロパティマネジメント事業(自社販売分譲物件を中心とした賃貸物件管理)を行う連結子会社の株式会社グローバル・リンク・パートナーズにより構成されている。
 
 政府による金融緩和政策に伴う金利低下の長期化や不動産に対する銀行融資条件の緩和等により投資用不動産需要は拡大しており、同社グループでは、東京23区における晩婚化や高齢化等による人口構造の変化を背景に、単身者や少人数世帯のコンパクトタイプの賃貸マンション需要は底堅い需要が継続すると想定し、不動産ソリューション事業とプロパティマネジメント事業を提供している。
 
 今2017年12月期第3四半期業績実績は、売上高160億6900万円、営業利益14億5900万円、経常利益14億5800万円、純利益9億0100万円に着地。
 
 今17年12月期業績予想は、売上高171億1800万円(前期比47.5%増)、営業利益10億2300万円(同71.7%増)、経常利益10億1100万円(同91.1%増)、純利益6億4200万円(同95.4%増)を見込む。上場で調達した資金は販促アプリの開発やマンション建設費に充当する。年間配当予想は、期末一括45円を予定している。
 
 株価は、上場初日の12月13日に公開価格2620円の2.3倍の6130円で初値をつけ、同日高値6600円と買われた後、同19日安値5050円と下げたが買い直されている。東京23区内の中でも長期的に収益性の高い、駅から徒歩10分圏内、ターミナル駅まで30分前後のエリアに自社ブランド「ARTESSIMO(アルテシモ)」シリーズを販売、自社での販売戸数が拡大し、自社販売力は着実に向上していることが評価され高人気となった。短期的な売りに押される場面もあったが、今期予想PER14倍台に割高感はなく、この期末に45円の配当を実施する予定で、5200円割れが下値として意識された感がある。中長期的な視点で押し目買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)