ホーチミン市観光局と同市観光協会、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)、タンソンニャット国際空港は15日、2017年に同市を訪れた外国人訪問者の通算600万人目を迎え入れる式典を同空港で開催した。

  600万人目となった外国人男性を乗せたベトナム航空のVN780便(オーストラリア・メルボルン発ホーチミン行き)は、同日午後に同空港に着陸した。

  2016年は、12月24日の時点で同市を訪れた外国人訪問者数が500万人に達したが、今年は2016年を100万人上回る600万人を達成。同市は2018年に750万~800万人の外国人訪問者を受け入れるべく、テト(旧正月)のフラワーロードやアオザイフェスティバル、観光デーなど様々なイベントを引き続き開催していくという。

  ホーチミン市観光局の統計によると、2017年に同市を訪れる外国人訪問者数は前年比+22.8%増の639万人、観光収入は同12.6%増の115兆9780憶VND(約5770憶円)に上る見通し。(情報提供:VERAC)