先週の為替は1ドル=113円台から112円へと少し円高になりました。週末は約112.6円で終わりました。先週水曜日に、それまでじりじり円安が進んでいたのが突如、腰折れ。背景には、今後、アメリカの追加利上げの前提となる物価上昇が鈍化していることが明らかとなったことや、当局の雇用情勢についての強気な見方がやや控えめに修正されたことなどが挙げられます。ただ、円安が腰折れたと言っても、113円から112円へと1円ほど円高に動いただけ。先週はブログで「112円台(特に112円台前半)に強めのサポート帯がある」と連日申し上げておりましたように、結果的に、先週木曜から金曜にかけて円高がさらに進もうかという動きも、112円台前半の水準で強力に食い止められました。
 
 さて今週の見通しについて。引き続き、注視すべきは112円台前半に位置している強めのサポート帯。今週また円高に傾いたとしても、まず、その112円台前半では下支えされやすいと思われます。しかしながら、万が一、そのサポート帯(112円台前半)を下方に突き抜けるようなことになりますと、この年末あるいは年明けにかけて、円高の動きが加速する可能性が高まります。具体的には110円近辺から一時的には110円を割れて109円台に突入するくらいの円高が想定されます。
 
 仮に110円を割れたとしても、驚くような円高ではありませんが、年末年始で、気分的にリラックスしている状況だったり、家庭の用事などで気が回らない状況において、相場が急に動くと、慌ててしまって、不本意な対応をしてしまいがちですので、もしも、本当に、そのような状況になった場合に、どうするのか?(何もしないのか、買いポジションを持っているなら、保有量を減らすのか、売りトレードで攻めるのか、など)、あらかじめ対応策を決めておくとよいと思います。
 
 長らく注目しておりますユーロ円。今年9月から上下幅約3円以内(下限131円台後半~上限134円台前半)という、とても狭い範囲のレンジ相場が続いています。これほど狭いレンジ相場が3カ月も続いており、もうそろそろ上下どちらかに大きく動くだろうとの見方をしてよいかと思いますが、なかなかレンジから抜け出しません。先週末は1ユーロ=132円台。状況的には、この先、レンジの下限を下抜けるシナリオは十分に考えられるかと思います。最近のドイツなどユーロ圏の経済指標は特に悪くありませんので、経済的な悪材料はあまり見当たらないのですが、たとえば、オーストリアで極右政党が連立政権入りで合意したことなどがEUの足並みを乱すマイナス材料として働く可能性などは考えられるかもしれません。もしも、過去3カ月のレンジから下方に完全に崩れた場合、最大で今年6月にユーロ大幅上昇が始まったときの起点(122円前後)へ戻るシナリオが浮上します。
 
 ビットコインについて。先週は、アメリカの大手取引所でビットコイン先物が上場。急騰したり、一時的に急落したり、連日大荒れでしたが、結局、週末には、これまでの最高値を更新。1ビットコインあたりの価格は、ドルで1万7500~1万8000ドル近くの水準。円換算では再び200万円に乗りました。2015年当時は1ビットコインあたり2~3万円で購入できましたので、この2年ちょっとの間に約100倍。2015年当時、100ビットコインは200~300万円相当だったのが今では2億円。すごいですね。今週また、アメリカの別の取引所に、ビットコイン先物が上場されます。今月、期待されていた2つの取引所への上場が終わって、価格高騰がひと段落するでしょうか。
 
 アメリカNYダウ株価は、毎日のように史上最高値を更新しています。先週末、終値は2万4651ドル。前回のメルマガでは、「強気に見れば、2万4900ドル~2万5千ドル到達もあり得る」などと書きましたが、その強気の目標まであともう少しの状況で、本当に年内に、史上初の2万5千ドル到達ということになるかもしれません。(執筆者:為替王)