ヴィスコ・テクノロジーズ <6698> (JQS)は、12月13日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、画像処理検査装置メーカーで、最先端の画像処理技術を開発・製造・販売している。画像処理検査装置は、様々なモノづくりの現場において、検査対象物の傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を検出する目的で多く利用されており、FA(ファクトリーオートメーション)向け画像処理システムとも呼ばれている。
 
 日本国内の製造業の現場では、画像処理検査装置が普及しつつあるが、未だに人手に頼った目視検査を実施している製造現場もある。また、中国、東南アジア、南米などの新興国の製造業の現場では、日本国内の製造現場と較べて目視検査を主とした製造現場が多数あり、人件費の抑制や製品品質の安定化に向けて画像処理検査装置の導入が進みつつありる。電子部品業界においては、スマートフォンメーカーの新製品向け設備投資が増加傾向にあるほか、自動車業界においても搭載電子部品の増加により、需要が増大している。
 
 今18年3月期第2四半期業績実績は、売上高16億1600万円、営業利益2億5200万円、経常利益2億3100万円、純利益1億5400万円に着地。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高31億0100万円(前期比7.7%増)、営業利益3億7900万円(同7.8%増)、経常利益3億0800万円(同14.0%増)、純利益2億1400万円(同5.6%増)と見込む。上場で調達した資金は開発費に充てる計画。年間配当予想は、未定(前17年3月期は期末一括1円を実施)としている。
 
 株価は、上場2日目の12月14日に公開価格4920円の3倍の1万5000円で初値をつけ、この日高値は1万5540円、安値1万3310円、引けは1万4650円。翌15日は3000円高の1万7650円ストップ高となっている。人手不足に伴う工場の自動化ニーズの高まりを背景に、電子業界や自動車業界以外にも画像処理検査装置の需要拡大が見込まれており、高人気が続く可能性がありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)