東京市場のドル/円は、日経平均が軟調に推移する中で112.10円台まで小幅安となりました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/15(金)
19:00  10月ユーロ圏貿易収支
19:00  リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:15  ホールデン英MPC委員、講演
22:30☆12月米NY連銀製造業景況指数
22:30  10月カナダ製造業出荷
23:15☆11月米鉱工業生産
23:15  11月米設備稼働率
30:00  10月対米証券投資
--:-- EU首脳会議(ブリュッセル、14日~)
※☆は特に注目の材料

 米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した事で、市場の関心は米税制改革法案の行方に集まっています。

 同法案について、米共和党は来週の採決を見込んでいますが、依然として年内採決に持ち込めるかは不透明です。

 この後の海外市場では、同法案の関連報道に一喜一憂する展開となりそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.600-112.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)