SGホールディングス <9143> は、12月13日に東京証券取引所市場第一部に上場した。同社グループは、「デリバリー」「ロジスティクス」「不動産」および自動車整備事業などの「その他」の事業分野でビジネスを展開している。2014年にグループ各社の強みを結集し横断的営業戦略チーム「GOAL(GO Advanced Logistics)」を発足。16年度から新たに始まった中期経営計画「First Stage 2018」では、経営ビジョンを「アジアを代表する総合物流企業グループへ」とし、「GOAL」を基軸としたグループ連携によるソリューション力の強化やグローバル物流ネットワークの拡張などを新たな成長エンジンとして、事業を推進している。
 
 今2018年3月期第2四半期は、株式会社日立物流との協業による事業拡大を推進。同社グループの中核事業であるデリバリー事業では、宅配便の品質維持・向上を図るため従業員の採用強化及び路線、集配の委託先の確保を進めるとともに、適正運賃の収受に取り組み、11月21日付で飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便等の運賃改定を実施することを発表。また、営業強化による事業拡大を推進するとともに、株式会社ヒューモニーから電報類似サービス事業を譲受け、特定信書便事業を強化。ロジスティクス事業では、総合物流ソリューションを提案する「GOAL」を中心に3PLや国内外一貫物流の取組みを一層強化。不動産事業では、所有する不動産を信託受益権化し継続的に売却。その他の事業では、同社グループが有する物流ネットワーク及びグループ経営資源の活用により、事業領域の拡充を進めている。
 
 今2018年3月期第2四半期業績実績は、売上高4814億8500万円(前年同期比5.0%増)、営業利益289億5000万円(同23.7%増)、経常利益293億7700万円(同28.0%増)、純利益166億5900万円(同33.2%増)に着地。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高1兆円(前期比2.6%増)、営業利益580億円(同17.2%増)、経常利益600億円(同17.2%増)、純利益330億円(同16.0%増)を見込む。年間配当予想は、期末一括32円を予定している。
 
 株価は、上場初日の12月13日に公開価格1620円を280円(17.28%)上回る1900円で初値をつけ、同日終値は1906円。翌14日高値2200円と上昇、同日引けは2170円。東京都江東区のIHI工場跡地に同社と共同で大型物流施設を建設、2020年8月完成目指し、荷物を自動搬送する装置など最新の物流機器を導入して従業員の負担を軽減することや日立物流との協業による事業拡大に対する期待感が底流にあり、堅調な動きとなっている。今年最大のIPOだが、東証株価指数(TOPIX)連動型投資信託への組み入れ期待もあり、下値を切り上げ、上昇基調を強めるか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)