週明け11日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、ニューヨーク市内中心部での爆発事件などを受けて買われ、続伸した。CL_の終値は58.00ドルとなった。

この日は米主要経済指標の発表もなく手掛かり材料に乏しい中、外国為替市場で対ユーロでのドルの下げ幅が朝方と午後にかけて一時的に縮小する場面が見られ、ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が生じたことから金に売り圧力がかかり、XAUUSDは1241.30ドルで引けた。(情報提供:東岳証券)