ココナッツの森林に囲まれた肥沃な土地で農業が盛んなメコンデルタ地方ベンチェ省では、ココナッツ製品の輸出額が年々増加している。

  同省農業農村開発局によると、2016年における同省のココナッツ製品輸出額は1億5000万USD(約170億円)となっている。2016年時点でのココナッツ栽培面積は約7万haで、前年と比べて+2000ha増加し、収穫量も同+5%増の6億玉に増えている。

  主な輸出製品として、ココナッツの果肉、ココナッツジュース、ココナッツミルク、ココナッツ殻炭、ココナッツファイバーなどが挙げられる。

  同省でココナッツ生産販売事業を手掛けるベンチェ輸出入株式会社(べトメックス=Betrimex)は、原料の安定的な調達のため、ココナッツ栽培農家約1600世帯と提携し、肥料を提供したり有機農法を指導したりするなど農家を支援してココナッツを買い取っている。

  同社工場では、スウェーデンの環境配慮型の最新式の生産ラインを導入し、「ココシム(Cocoxim)」ブランドのココナッツジュース、ココナッツミルクなどを生産・輸出している。(情報提供:VERAC)