前週8日のドル/円相場は米11月雇用統計の発表後に下押すも一時的となり、NYダウ平均が堅調に推移する中で反発。終値で日足の一目均衡表の雲の上限を突破した。
 雲の上に出たのは先月22日に割り込んで以降初めてであり、目先的には上値模索の機運が高まりやすいと見る。日足のボリンジャーバンド+2シグマ(執筆時113.907円)を突破すると、先月9日以来となる114円台乗せが否応なく意識されるだろう。
 本日の予想レンジ:113.100-114.100円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)