東京市場のドル/円は、日経平均が堅調に推移する中で113.40円台まで上昇しました。
欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/8(金)
18:30 10月英鉱工業生産
18:30 10月英貿易収支
22:15 11月カナダ住宅着工件数
22:30☆11月米雇用統計
22:30 7-9月期カナダ設備稼働率
24:00 12月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報
24:00 10月米卸売売上高

12/9(土) 
10:30 11月中国消費者物価指数
10:30 11月中国生産者物価指数
※☆は特に注目の材料

米国で11月雇用統計が発表されます。
市場予想は失業率が4.1%、非農業部門雇用者数は19.5万人増。
注目の平均賃金は前月比+0.3%、前年比+2.7%となっています。
賃金の伸びが確認されれば、利上げ期待が一段と高まってドル/円の上昇を後押しする可能性が高そうです。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.600-114.100円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)