12月7日
ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反発。CL_の終値は56.62ドル。
ナイジェリアでの石油業界ストをめぐる懸念などを背景に反発した。

スポット金は下落。来週の米利上げを織り込む格好で売りが優勢となり、
株式相場の荒い値動きや地政学リスクは買いを誘わなかった。
米国の新規失業保険申請件数は23.6万人増だった。(情報提供:東岳証券)