ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反発。CL_の終値は57.49ドル。
OPECが生産を減少させていることに加え、米国の石油在庫が減少するとの見通しから買いが入った。

スポット金は続落。XAUUSDの終値は1265.50ドル。
来週の米連邦公開市場委員会会合で利上げが予想されドル高が進行し、割高感などから売りが出て続落した。(情報提供:東岳証券)