ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反落。CL_の終値は57.45ドル。
石油輸出国機構は減産延長で合意したものの、米国内でのシェールオイル増産の動きに警戒感が広がり下落した。

スポット金は反落。XAUUSDの終値は1275.90ドル。
米上院が2日に税制改革案を可決し、トランプ米大統領の景気刺激策を巡る楽観が高まり、ドル相場が上昇したことが手掛かり。(情報提供:東岳証券)