ポエック <9264> (JQS)は、11月28日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は「ひと、みず、くうき」をテーマとした環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を開発・販売している。災害時に特に威力を発揮する電源不要の消火装置「ナイアス」や画期的な方式で高効率の熱交換を実現した「バーテルス」など、人と明日の環境・安全・防災を考えた革新的な環境・防災機器を開発・製造・販売。ポンプ、送風機、ブロア、コンプレッサ、空調機器から消防機器、水槽、ボイラ、焼却炉、ろ過装置まで豊富な販売実績から顧客に最適な設備を提案。給排水設備機器のメンテナンス・修理、据付、技術サポートなど社会インフラを安全・確実に維持するためのバックヤード事業を創業当初から地道に続け、厚い信頼を受けている。
 
 今2018年平8月期においては、東北地区を拠点として新たに北海道地区へ営業展開を拡げていくことで、これまで未開拓であった需要の新規獲得を図っていく方針で、北海道地区には、同社の主要顧客の事業所が複数存在することからも比較的早期に実績を上げることを可能とし、同社グループの営業網は北海道から沖縄に至る全国に拡がることで、同社グループにおける営業基盤の拡充と新規顧客の開拓に寄与する見通し。この営業ネットワークを通じて、子会社各社と相互の情報共有を進め、同社グループ各社の顧客、環境、市場動向等のマーケティング情報を有効活用していくことにより、グループ各社間での営業シナジーを発揮、営業効率を向上し、業績へ貢献を見込んでいる。
 
 今2018年8月期第2四半期業績予想は、売上高25億7700万円、営業利益4900万円、経常利益3300万円、純利益2200万円を見込む。
 
 今18年8月期業績予想は、売上高53億9900万円(前期比9.3%増)、営業利益2億0200万円(同56.6%増)、経常利益1億7200万円(同5.9%減)、純利益1億0800万円(同24.4%減)を見込む。年間配当予想は、期末一括32.21円を予定している。
 
 株価は、上場2日目の11月29日に公開価格750円の約4.4倍の3280円で初値をつけ、同日高値3365円と上昇。12月1日安値2181円と下落している。環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を取り扱っていることを評価され高人気となったため、その反動で一転売り優勢の展開となっているが、市場が注目する環境と社会、企業統治の3要素を重視する「ESG投資」関連として折に触れ物色の矛先が向かう可能性は高い。短期的にはリバウンド狙いで、需給が改善することを待つところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)