東京市場のドル/円は、米税制改革法案の上院での採決延期が伝わると112.30円台まで下押したものの、その後は一時マイナス圏に下落した日経平均が再びプラス圏を回復した事もあり、112.60円台まで反発しています。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む