ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が3日続落。CL_の終値は57.39ドル。
石油輸出国機構の減産延長合意がまとまったとの確証がない中、警戒感が広がり3日続落となった。

スポット金は反落。XAUUSDの終値は1283.05ドル。約1週間ぶりの大幅安となった。
1290ドルを下回り100日移動平均を割り込んだ。米実質国内総生産が3年ぶりの高成長となったことが手掛かり。(情報提供:東岳証券)