外為どっとコム総研の取締役調査部長兼上席研究員、神田卓也氏(写真)は、「ドル安の要因となっている米国の減税法案を巡る動きが12月中旬まで予断を許さず、また、日銀の政策決定会合が12月21日と年末ギリギリになるため、ドル/円は方向感の定まらない展開が続きそう」と語っている。

続きを読む