ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が続落。CL_の終値は57.72ドル。
石油輸出国機構の減産延長合意に対する各国の姿勢が不透明なことが嫌気された。

スポット金は小幅下落。XAUUSDの終値は1293.60ドル。日中はもみ合いの展開だった。
パウエルFRB理事による指名承認のための上院公聴会での証言が始まると、
ドルがユーロに対して買い戻されスポット金は値を消した。(情報提供:東岳証券)