シー・エス・ランバー <7808> (JQS)は、11月15日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、主にプレカット事業、建築請負事業および不動産賃貸事業を行っているほか、その他事業として不動産販売事業に取り組んでいる。昭和58年に材木販売を通じて社会貢献することを目的として株式会社千葉中井材木店(現株式会社シー・エス・ランバー)を設立。設立後、今後の材木の流通がプレカット工場を通じたものになると考え、材木のプレカット業へと業態転換を図ったほか、プレカット業の派生業態として、合理的な価格による良質な材木を使用した木造住宅の提供を目的として、グループ内に住宅建築部門を併設し、業務を拡大している。
 
 同社グループは景気変動下でも揺るがない経営体質の保持、競合他社との競争力強化のもと、材料のコスト削減を目的とした歩留まり率向上を図るピッキングシステム(邸別ピッキング用自動倉庫)の導入やツーバイフォー工法におけるプレカット加工機導入の設備投資、新規取引先の開拓の推進、保育所入所待機児童の増加を解消するための保育所などの大型施設建設、運営事業者への保育所賃貸などに注力している。
 
 2017年11月期第3四半期業績実績は、売上高105億0400万円、営業利益3億2500万円、経常利益2億9300万円、純利益1億3300万円に着地。
 
 17年11月期業績予想は、売上高147億3300万円(前期比8.1%増)、営業利益は6億4300万円(同10.7%増)、経常利益6億0100万円(同12.0%増)、純利益3億2000万円(同1.0%増)を見込む。上場で調達した資金は工場の改修など設備投資のほか、借入金の返済に充てる。年間配当予想は、期末一括30円を予定している。
 
 株価は、上場初日の11月15日に公開価格1480円を84.1%上回る2724円で初値をつけ、同日高値2772円と上昇。22日安値1966円まで調整。2000円どころでモミ合っている。保育所などの大型施設建設や運営事業者への保育所賃貸などへ注力しており、待機児童ゼロ政策関連として今後の展開は注目される。同社グループの住宅に関する木材の加工製品及び建築請負事業に係る売上高は、9月から12月までに集中する傾向があり、2017年11月期業績予想は達成出来る見通し。17年11月期予想PER11倍台と割安感があり、配当落ちに伴う売り一巡すれば、リバウンド相場入りが期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)