ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反落。CL_の終値は57.80ドル。
米国のリグ数の増加が重しになったほか、石油輸出国機構の減産延長戦略を巡る不透明感が続いた。

スポット金は上昇した。XAUUSDの終値は1294.10ドル。
一時は1299ドルまで上昇する場面もあったが米国の10月新築住宅販売件数の指標が発表されるとその後は上げ渋った。(情報提供:東岳証券)