東京市場のドル/円は失速となりました。

 朝方に111.60円台まで値を上げるも、その後は日経平均が軟調に推移する中で111.30円台まで押し戻されています。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/27(月)
24:00 10月米新築住宅販売件数
25:30 米2年債入札(260億ドル)
27:00 米5年債入札(340億ドル)
※☆は特に注目の材料

 前週末の米株式市場は、米年末商戦への期待を背景に堅調に推移しました。

 本日も目玉となる材料が見当らない中、欧米市場でも株価を眺める事となりそうです。

 その他、本日より審議が再開される、米上院での税制改革議論の進展の度合いにも注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.100-111.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)