今週11月27日~12月1日の株式市場では、世界的な景気と企業業績の拡大という背景に大きな変化はなく、米国の好調な年末商戦や日銀のETF買いへの期待感なども支援材料となり、日経平均株価が日柄調整完了感を強めて11月9日高値に接近する可能性がありそうだ。

■米国の好調な年末商戦も支援材料

 前週(11月20日~24日)は、為替が週後半に1ドル=111円近辺までドル安・円高水準に傾く場面があったが、日経平均株価への影響は限定的だった。日経平均株価は週初20日に下落したものの、21日~24日は3営業日続伸となり、週間ベースでは154円05銭の上昇となった。世界的な景気と企業業績の拡大が背景にあり、米国株が史上最高値を更新したことも好感した形だ。そして目先的な利益確定売りが一巡した印象を強めている。

 今週(11月27日~12月1日)は、11月第3週(11月13日~17日)の海外投資家の日本株売買動向が、現物と先物の合計で2週連続の売り越しとなったことで、海外投資家のクリスマス休暇入りに向けた動きが意識されるが、世界的な景気と企業業績の拡大という背景に大きな変化はなく、米国の好調な年末商戦や日銀のETF買いへの期待感なども支援材料となり、日経平均株価が日柄調整完了感を強めて11月9日高値2万3382円15銭に接近する可能性がありそうだ。

■好業績中小型株やテーマ株に注目

 物色面では、ややドル安・円高水準の状況で日経平均株価が上値を試すとなれば、自動車などの輸出関連株やバリュー株よりも、日経平均株価への寄与度の高い値がさ株が指数を牽引する形になりそうだ。また好業績中小型株が上値を追う可能性や、師走相場に向けて個人投資家の資金がテーマ株に向かう可能性も高まるだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)