ニューヨーク原油先物市場でWTI先物は上げ幅を拡大した。CL_の終値は58.52ドル。米国で原油の供給過剰状態が解消されつつある上に、主要パイプラインの閉鎖に伴うカナダ産原油の供給減少見通しなどに支えられ、続伸した。

 スポット金は小幅反落。XAUUSDの終値は1290.85ドル。スポット金はドル安地合いを好感し、終日底堅く推移した。(イメージ写真提供:123RF)