リコーリース <8566> は、リコー製品の販売支援会社として1976年に設立され、それ以後リース・割賦事業と金融サービス事業を軸に総合的なフィナンシャルサービスを展開している。2017年4月からスタートした新3か年中期経営計画では、新たに“「リース」の先へ”をビジョンとして掲げ、既存事業の展開に加え、新たな提供価値を創造し、環境・社会・顧客の発展に役立つサービス・商品を提供し続ける企業へと成長することで、より一層の企業価値向上を目指している。
 
 中期経営計画では、2020年3月期営業利益183億円、ROA1.30%、営業資産残高9000億円の財務目標の達成を目指し、環境分野の取り組み「創エネ・省エネを軸とした新たな環境分野への挑戦」、日本総合住生活株式会社との業務提携による「社会の変化に対する課題を解決するための金融サービスの開発と提供」、「SDGs(持続可能な開発目標)やパリ協定の採択により、持続可能な社会の実現が一層強く求めれる中、重要課題を見直し」を推し進めている。
 
 今2018年3月期第2四半期業績実績は、売上高1511億8100万円(前年同期比4.4%増)、営業利益84億5500万円(同3.9%減)、経常利益83億7200万円(同4.0%減)、純利益57億6100万円(同4.3%減)に着地。総取扱高は1927億円(同5.6%増)と増加、営業資産残高は8052億円(同213億円増)と増加。売上高は8期連続の増収で過去最高を更新。営業利益は、資産利回りの低下と前年のリース・割賦の大口中途解約の反動等を吸収し、計画通り進捗している。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高2973億円(前期比2.1%増)、営業利益168億円(同3.1%減)、経常利益165億円(同4.0%減)、純利益113億円(同4.0%減)を見込む。年間配当予想は、70円(第2四半期末35円、期末35円)で10円増配を予定。また、株主優待として3月末に100株以上保有している株主を対象に保有期間による区分によってクオ・カードの贈呈を予定している。
 
 株価は、2月9日安値3365円、4月17日に年初来の安値3340円、5月31日安値3415円と売り直されて底値形成から10月12日に年初来高値4420円と上昇。その後、調整している。今3月期第2四半期累計実績は計画通りで、通期業績予想は達成出来る見通し。今期予想PER10倍台・PBR0.74倍と割安感があり、52週移動平均線に届き値ごろ感がある。ここから日柄調整が進めば、上値を伸ばす余地があり、押し目に注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)