ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反落。CL_の終値は56.33ドル。一時は1バレル56ドルを割り込む場面もあった。ドイツ政局を巡る不透明感や石油輸出国機構の政策見通しを背景に、売りが優勢になった。

 スポット金は反落。XAUUSDの終値は1276.50ドル。ドルの上昇で貴金属市場には利益確定の売りが広がったとの見方もある。(イメージ写真提供:123RF)