昨日のドル/円は112円台後半へと反発。朝方にはユーロ/円の下げにつれて一時111.80円台まで下落したが下値は堅かった。その後、NY市場では米長期金利の上昇や株高を支えに112.70円台まで切り返した。

 ただ、日足ベースでは5日移動平均線に沿って上値が切り下がる展開が続いている。昨日の反発は前日(17日)の下落の「揺り戻し」に過ぎず、下値固めが終了したとは言い切れない。下げ止まりの判断には、少なくとも日足一目均衡表の転換線(執筆時112.976円)の回復が必要であろう。もし早期に回復できなければ、一目均衡表の雲入り(同111.940円)や200日移動平均線(同111.749円)割れを試す展開となってもおかしくないだろう。

 本日の予想レンジ:111.700-113.100円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)