スペースシャワーネットワーク <4838> (JQS)は、放送業界、音楽業界、エンタテインメント業界における市場環境や消費者ニーズの変化に対応するため、創業以来行ってきた音楽映像コンテンツの企画制作及び有料多チャンネル放送プラットフォームにおける音楽専門チャンネルの運営をベースとしつつ、ライブイベント展開、デジタルコンテンツ制作や各種デジタルサービス展開、音楽レーベルからアーティストマネジメントに至る展開まで、同社グループが有するあらゆる機能を複合的に活用しながら、多様なメディア・コンテンツ事業を展開し、総合音楽エンタテインメント企業への転換を図ることを基本方針としている。
 
 また、ファンクラブ事業を展開するコネクトプラス㈱、コンセプトカフェ運営を行うインフィニア㈱、映像制作プロダクションの㈱セップ、老舗インディーズレーベル運営の㈱Pヴァインの連結子会社4社とともに、新たな分野での成長施策の推進、事業領域の拡大に向けた企業グループ経営を推進している。
 
 今2018年3月期第2四半期業績は、売上高76億4600万円(前年同期比6.9%増)、営業利益4億9000万円(同52.9%増)、経常利益5億円(同48.4%増)、純利益3億3500万円(同58.7%増)に着地。8月25日から3日間開催の当社主催音楽フェスティバル「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」が、過去最大となる約7万人の動員となったほか、CDパッケージ商品の販売数や、デジタル音楽配信のダウンロード数が想定水準を超え好調に推移したことが寄与した。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高148億8700万円(前期比0.6%増)、営業利益5億3500万円(同9.1%減)、経常利益5億5000万円(同12.2%減)、純利益3億5000万円(同0.1%増)を見込む。年間配当予想は、期末一括10円継続を予定している。
 
 株価は、1月30日につけた年初来の高値885円から4月13日の年初来安値578円まで調整。600円割れで底値を固め10月23日に758円と上昇。25日移動平均線をサポートラインにモミあっている。10月19日に今3月期第2四半期・通期業績予想を上方修正済みだが、通期業績予想はさらに上振れする余地がある。モミ合い上放れ期待が高まることから、押し目は注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)