今朝方飛び込んできたニュースによると、ドイツでメルケル首相が主導してきた連立協議が決裂したようだ。9月の総選挙で、第1党の座を維持するも単独過半数に届かなかったキリスト教民主・社会同盟(CDU)は、自由民主党(FDP)と緑の党の3党間で連立政権樹立に向けた協議を続けてきたが、移民・難民政策や環境問題で折り合いが付かず物別れに終わった。

 メルケル首相にとっては4期目の続投に向けて暗雲が立・・・・

続きを読む