フライトホールディングス <3753> (東2)は、前週末17日に24円高の748円と続急伸して引け、11月15日につけた年初来安値691円からの底上げを加速させた。今年11月9日に発表した今2018年3月期第2四半期(2017年4月~9月期、2Q)累計業績が、期初予想を上ぶれ減益転換率を縮めて着地したことを見直し、下げた株ほどよく戻るとする投資セオリーの「リターン・リバーサル」を期待して下げ過ぎ訂正買いが再燃した。人型ロボット「Pepper」のコンテンツ制作サービス「Scenaria(シナリア)」の本格サービスを開始、11月16日に展示会で案内業務をデモンストレーション展示し、11月17日・・・・

続きを読む