金は投資商品や資産として保有する以外にも、産業実需として使用・研究されているため、その動向が金価格に影響を与える場合があります。今回はその中でも、【医療分野】における、金の需要と今後の展開について考えていきたいと思います。
 
 金が使われている代表的な産業としては医療分野が挙げられます。その中でも歯科業界です。2016年におけるテクノロジー関連の金需要は約323トンでしたが、なかでも歯科関連の需要が約18トンと約6%を占めています。その他の医療分野からの金需要と合算すると、もう少し大きい規模感になると思います。
 
 金は人体と長く接触していてもアレルギー反応がほぼないとされているため、歯科素材として多く使われています。クラウン、ブリッジなどよく耳にするものから、技工補助用品、デンチャーなどでも金は重要な材料になっています。
 
 しかしながら近年では、歯科業界における金需要は減少傾向にあります。WGCによれば、2010年の45.5トンから2016年の18トンまで約6割も減少しているとのことです。その理由としては、セラミックなどによる金に代わる代替材料の登場があげられます。
 
 しかし、金を医療分野で活用するための研究は続きます。人体への影響が小さいことから、金は内服治療剤としても活用されており、WGCのレポートによると、関節リウマチの治療に金をベーストした治療剤が多く使われています。また、がんの治療においても金は注目されており、抗がん剤を金のナノ粒子を利用してダイレクトにがん細胞まで注入する研究がなされています。
 
 また、マラリア診断などのために世界中で使用されている「感染症迅速検査キット(RDTs)」においても金が必要であり、診断キットのなかにマラリアへの抗体を検出するための金が入っています。また、インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial college London)でも、HIV/AIDSの早期発見のための研究において金を使用しています。
 
 このように、金を利用した医療研究は活発に行われており、今後の研究成果によっては金の需要が大きく伸びる可能性があります。高齢化が進むにつれ、医療サービスの需要も増加すると予想されているなかで、医療分野の金需要に注目していきたいところです。
 
【参考文献】
WGC 「New uses for gold」
http://www.gold.org/about-gold/gold-demand/sectors-of-demand/uses-of-gold
WGC金の需要と供給データ
https://www.gold.org/data/gold-supply-and-demand

(イメージ写真提供:123RF)