金は投資商品や資産として保有する以外にも、産業実需として使用・研究されているため、その動向が金価格に影響を与える場合があります。今回はその中でも、【医療分野】における、金の需要と今後の展開について考えていきたいと思います。

 

 金が使われている代表的な産業としては医療分野が挙げられます。その中でも歯科業界です。2016年におけるテクノロジー関連の金需要は約323トンでしたが・・・・

続きを読む