東京市場のドル/円は、米紙がトランプ政権のロシア関連疑惑(ロシアゲート)を報じた事や、米長期金利が低下した事から、一時112.30円台まで下落しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/17(金)
17:30 ドラギECB総裁、講演
18:00 9月ユーロ圏経常収支
19:00 9月ユーロ圏建設支出
22:00 バイトマン独連銀総裁、講演
22:30☆10月加消費者物価指数
22:30☆10月米住宅着工件数
22:30☆10月米建設許可件数
--:-- NAFTA再交渉の第5回会合(~21日)
--:-- EU財務相理事会(ブリュッセル)
※☆は特に注目の材料

 本日は米国で住宅関連の経済指標が発表されますが、材料としてやや小粒です。

 本日の東京市場で株高にもかかわらずドル/円は下落しており、海外市場でも引き続きロシアゲート関連報道などに注意が必要です。

 その他、米上院での税制改革審議の行方も気になるところです。

 また、カナダで10月消費者物価指数が発表されます。

 市場予想は前年比+1.4%と前月(+1.6%)から伸びの鈍化が見込まれています。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.200-113.100円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)